W通_1

W通_2

W通_3

W通_4

こんにちは。アビリティーズの田中三紀子 です。

新緑から緑が一段と濃くなり、明るい夕方の西の空から夏の足音が
聞こえてくるような季節ですね。
梅雨や台風の季節を迎える前に、熊本・大分地方で被災されている方が
安心して暮らせる環境が整うことを心から願っています。

被災した子どもたちの支援を続けておられる団体を先月紹介したところ、
事務所にいらした方やメルマガを読んだ方が付箋を購入してくださいました。
この場を借りて御礼申し上げます。

さて、今回のテーマは「贈り物の心得」です。

大切な記念日や季節のあいさつ、また日常のさりげない感謝のしるしとして、
ふっとこぼれる笑顔や温かい涙を相手に届けたい…贈り物は、自分にとって
その人がいかに大切かをいつも思い出させてくれる気がします。

皆様にお届けしているこの便りも、お役に立つものであれば幸いです。

では、今月も役立つ情報満載でお届けします。最後までお楽しみください!

┌─●○ INDEX ○●────────────────────┐
│1.営業の現場 知っておきたいビジネスの心得           │
│ 「喜ばれる贈り物の心得」                   │
│—————————————————————-│
│2.今私たちにできること                     │
│—————————————————————-│
│3.これは知っ得 「緊急時に役に立つ 救命・医療補助アプリ!」  │
└────────────────────────────────┘

☆━┓営業の現場 知っておきたいビジネスの心得
┃1┃ 「喜ばれる贈り物の心得」
┗━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーは、顧問の山本 が持つ豊富な経験や知識を、
ビジネスの心がけとして、コラムという形で連載していきます。
皆さまのお役に立てれば幸いです。

今月は、「喜ばれる贈り物の心得」です。
———————————————————————-

若葉の緑が目にしみる季節、4月からの新生活にも慣れてきた頃では
ないでしょうか。今月のコラムは「贈り物」についてです。

ビジネスマンにはお中元、お歳暮をはじめ、昇進祝い、会社の行事の
お祝い事、記念日、取引先様への手土産など様々な場面で
贈り物をする機会があります。
その時に必要になる「相手に喜ばれる贈り物の心得」をご紹介します。

贈り物の手順は、選ぶ、届ける、使って(味わって)いただく、
という流れで行われます。
そもそも贈り物は、贈る人の心を伝えるための品物です。
贈り物を選ぶ時は、当然ながら贈る気持ちが大切になります。
相手を想い、贈る品物に伝えたい気持ちがにじみ出るよう、
心をこめて吟味しましょう。
受け取った人が思わず顔をほころばせる、そんな品物を贈ることが
できれば最高です。そのためには、日頃のコミュ二ケーションの中で、
相手の嗜好を意識しておくことが重要です。

次に大事なことは、贈り物が届く頃を見計らって、相手の方に貴方の
(貴方だけの)大切なメッセージを一緒に届けるということです。
例えば、季節を感じられるようなハガキで、日頃お世話になっている人への
感謝の気持ちを伝えるのもひとつです。

また、なぜその品物を選んだのかをさりげなくお伝えできれば上級です。
受けとられる方とのこれまでの会話の中に、何かヒントになる
エピソードはなかったでしょうか。
例えば甘いものがお好きな方には、季節(期間)限定のスイーツを
お贈りするというのも喜ばれるかも知れません。
このような心配りをすることで、贈り物にドラマが生まれるのです。

贈り物は儀礼的になると価値が下がります。
お中元、お歳暮を贈る時期は近年早くなっている傾向にあります。
関東では関西より半月ほど贈る時期が早いようです。
お中元は6月下旬、お歳暮は11月下旬を目安に、誰よりも早くお届けするのが
良いでしょう。

最後になりましたが、熊本県を中心とする地震が発生し、
今もなお避難生活をされている方々が多くいらっしゃいます。
被災者の方々に支援をする際には、必要なものは何であるかという事を
被災者に寄り添って考え、自らのできる範囲で行動する事が大切です。
熊本の早期復興をお祈り申し上げます。

⇒ http://e-abilities.jp/?p=2474

<ライター:山本忠義>

┌【プロフィール】────────────────────────┐
 山本 忠義 (やまもと ただよし)
 元 三菱化学エンジニアリング(株)常務取締役
 現 大成ラミック(株)社外取締役  株式会社アビリティーズ 顧問
└────────────────────────────────┘

☆━┓
┃2┃今私たちにできること
┗━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

熊本地震により被災された皆様の早期復興を心より お祈り申し上げます。

私たちは今、何ができるでしょうか。
日本のどこで起こっても不思議ではない大地震、大なり小なり
日本で生活をしていれば誰しも地震を体験されたことがあると思います。
もし大切な家族や自分自身の身に起こったらと考えると
居ても立ってもいられません。

自分が被災者になったとき、どういう支援を望むのでしょうか。
月日が経つと有効な支援は物資から義援金へと変わっていきますが、
どうやって支援することが最善なのでしょうか。
どうすればいいのか迷う方も多いかもしれませんが、何かしたいという思いを
行動にうつしてみませんか。個人の力は小さくても、多くの力が集まれば
大きな力となって何かを動かす事ができる。そう願っています。

◆熊本県のホームページより

熊本県で被災地の復旧・復興等の事業に役立ててもらいたい場合(熊本県への寄付)
ふるさと納税⇒http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15479.html

※生産者や施設が被害を受けている場合もあり感謝品の発送が遅れたり
円滑に調達・発送できない可能性があるかもしれませんが、
どうぞご理解の上お申込み下さい。

◆大分県ホームページより「平成28年4月地震大分県被災者義援金」
http://www.pref.oita.jp/site/bosaiportal/h28-4jisin.html

◆「平成28年熊本地震」緊急募金
http://docs.donation.yahoo.co.jp/report/kumamoto.html

各NPOによる緊急支援募金が開設されています。
クレジットカードやTポイントでも募金可能)

※これらは義援金送付などのほんの一例です。
ふるさと納税などは地域の感謝品をもらえる事でも人気ですが、
今こそ熊本や大分などに納税することで、直接支援することができ、
感謝品を生産する人たちの応援もできる、いい方法ではないかと思います。

弊社でも微力ながら、東日本大震災をきっかけにスタートした義援金募集活動
「子供のための天災支援募金募集」を応援しています。
この活動は東北に限らず天災で被災した子供たちの応援のために続けられています。
Facebook「子供のための天災支援募金募集」ページに活動の様子の一部を
掲載しています。
付箋を500円で購入していただくと、その収益すべて(材料費などを除く)が、
子供たちの支援のために寄付されます。
弊社ウェブサイト「アビストア」からも、お申込みいただけるように
なっております。

義援金も下記の口座で受付しております。
【ゆうちょ銀行 記号 14120 番号 74857851 ぬくぬくつながりの会】

このページを皆様が読まれている頃にはさらに明るい状況へ向かっている事を
願っております。

☆━┓
┃3┃これは知っ得! 「緊急時に役に立つ 救命・医療補助アプリ!」
┗━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、弊社スタッフが「これイイね!」と思ったサービスを
紹介していきます。

今月は、緊急時に役立つ…お役立ちアプリです!
———————————————————————-

先日、熊本を中心とする地震が発生し、多くの方が被災されました。
今回ご紹介したいのは、緊急事態の時に役に立つ「MENU119」というアプリです。

このアプリは、倒れている人を発見した際に対応すべき一次救命処置の流れや、
急病の子供への対応に迷った時の救急受診の目安を確認できます。

また、ご自身の基本情報、既往歴、現在服用中の薬、かかりつけの病院等の
情報をメモできるマイカルテという機能も付いているので、万が一自分が
倒れた時にも医療従事者に情報を正確に伝える事が可能となります。

緊急連絡先も登録でき、アプリから発信できるのでご家族にもすぐ伝える事が
できます。

もしもの時のために、ぜひ入れておきたいアプリです。

●3分フィットネス
⇒ http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nttdocomo.MENU119&hl=ja

<ライター:田中 翔一朗>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇編◇集◇後◇記◇
───────────────────────────────────

贈り物の想い出…長女がようやく字が書けるようになった幼稚園の頃、
母の日にもらった「肩たたき10回券」嬉しいやらもったいないやら、
使えずに大事にしまっていたら、子供たちに『使って使って!』と
せがまれた覚えがあります。私が喜ぶ顔を嬉しそうに見る子供たち。
心のこもった贈り物は、贈られた人も贈った人も笑顔にするものですね。

代表取締役 田中三紀子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

今月も最後までお読みいただきありがとうございます。
来月もご愛読よろしくお願いいたします。

◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆