代表取締役 安本昌巨様からのコメント

株式会社シーキューブ 代表取締役 安本昌巨様
1,ヒアリングについて、Will Wayに頼んで良かった、と思われる点はどこですか?
当事者でしか見えていない視点。
第3者ならではの視点。
学生さんからのヒアリングによる柔軟性と答える方の意識の違いからでてくる答え。
学生さんが主体ということで、お客さん自身が、これから社会にでる人を応援したいと思っている、
会社がお客さんの意見を聞こうとしているという姿勢がより伝わる

2,ラフ(チラシの原案)作成について、Will Wayに頼んで良かった、と思われる点はどこですか?
同じく、学生ならではの視点、柔軟性を持ってしたときの新たな視点

3,学生に頼むことに不安はございませんでしたか?不安の有無に関わらず、その理由をお聞かせください。
出来ること、できないことはあるだろう、と。
聞いたいこと、大切なポイントなどに、深堀りしていけなく表面の質問に終わってしまうことが起こるかもしれない。
➔同席させていただき、1回、1回のフイードバックの中で修正していただけたので、不安は解消されました。

4,もっとこうしてくれたらベストだった、という点はございますか?
チラシ作成の他にもお客さんの声から、生まれてくるものの提案がいただけるとさらにありがたいです。
顧客の傾向、特性分析なども面と向かっているので、深く聴きやすい環境にあるので。
例えば、入口(何で知ったかの媒体調査、どの言葉、写真などに反応する率が高いのか、情報収集する平均タイム、期間など)
悩みから、抜け出していく決めてまでのタイムや、決めてはいくつかあるかもしれないし、
事実、出来事にたいしてのそのときの感情の動きなど、を聞き取りいただけると、次回からの改善策につなげやすくなって、ありがたいです。

5,最後に、Will Wayに対してなにかメッセージがあれば、ぜひお聞かせください。
一つ一つ、丁寧にお客様に対応いただきありがとございます。
自社だけではできない、たくさんのお客様の声を、いただきました。
このような貴重な機会は、Will Wayさんのお力があってです。
これからもたくさんの会社とお客様の架け橋的な存在となれるよう活動、頑張られてください。
応援しています。

参考価格:9万円(インタビュー10組+出張費)

インタビューの様子

以下は、実際にインタビューを行った学生スタッフによるレポートです!

シーキューブ様は、お客様の望み通りの家づくりをコンセプトとする、八尾の住宅工務店さんです。
今回は社長の安本様に素敵な機会を頂き、私たちがラフの作成までを担当することになりました。

Will Wayでのチラシ作成の流れは、
アンケート作成

お客様からのアンケート取得

アンケートを元にラフ作成

デザイン、印刷
となっており、今回私たちはアンケート取得とラフ作成を担当させて頂きました!

アンケート取得の際に、シーキューブ様の10組のお客様に実際にインタビューを行いました!

初めはとても緊張しました(((( ;°Д°))))

インタビューの技術なんてないし、初対面の方から率直な意見を引き出せるのか・・
そもそも学生相手に真剣に喋ってくださるのかなぁ・・
などなど。

しかし、いざ始まってみるとそんな心配全くの杞憂でした!

「私たちは神戸大学の経営学部でマーケティングを学んでいます。今回は安本社長にチラシ作成の機会を頂きました。お客様の声を反映した心に響くチラシを作りたいので、○○様のご意見をぜひお聞かせ下さい!」
とお伝えすると、お客様全員が本当に真剣になってお家を購入した経緯やシーキューブ様に決めた理由などを詳しくお話してくださいました(*^o^*)

私が実際にインタビューを行なって、大切だと感じたことは以下の3つです。

◆最初の自己紹介
自分が何者で、なぜインタビューをしたいのかを明確にすることでお客様も安心して率直な意見を言ってくださったのだと思います。
こちらが真剣になれば、お客様もそれに応えてくださいました。
やはり第一印象が大切だと思ったので、とびきりの笑顔でご挨拶しました(笑)

アンケートに記入されている言葉一つ一つを具体的に深堀りする。
決め手は担当の方が親切だったから、という意見が多数ありました。
ただ、親切という言葉だけでは、何をされて親切に感じたのかということが分かりません。
そこを深堀りしていくと、例えば限られた予算内でできるだけ要望を聞いてくれたのが嬉しかった、あるいは自分たちでは考えつかない選択肢を多く提示してくれたのが良かった、という様々な意見を聞くことができました。
お客様の声を広告に反映させるためには、さらに踏み込んで聞くことが大切だと思います。

インタビューを仕事だと思うのではなく、心から興味を持ってお話を聞く。
これは本当に重要だと思います。
今回の場合であれば、実際に自分が家を購入すると想定し、どこの工務店にするかを悩んだ時にシーキューブ様のお客様に体験談を聞いていると思えば、自然と深堀りする質問がたくさん出てきました。
お客様もこちらが興味深く聞くことで、話しやすく感じて頂けたのではないかと思います。

今回は、何を聞こうか戸惑うことなくスムーズに進みました。
やはり、質問内容とそれを聞く意図を理解しているのといないのとではインタビューの質がかなり変わってくると思います。

「シーキューブ様を一言で例えると何ですか?」という質問に、
「家を造ってくれた大切なお友達」「家族のような存在」と答えてくださったお客様がいました。

マイホームを手に入れることは、これからの人生に関わる本当に大きなお買い物だと思います。
お客様の声から、親身になって相談にのってくれるシーキューブ様の素晴らしさを改めて感じました。
私もお家を建てるときはぜひシーキューブ様にお願いしたい!と思います。
何年先かは分かりませんが・・・(笑)

30分×10組という過密なスケジュールのインタビューでしたが、今回の経験は私にとって、とても貴重で勉強になることばかりでした。
今回の機会を与えてくださったシーキューブの安本社長様に本当に感謝致します。
そして、この経験をぜひ次回に生かしていきたいと思いますo(^▽^)o

Will Wayのサービスメニューを見る